語学の資格と就活

語学関係の資格は就活にも

語学の資格があれば就活に役立つ

語学の資格を取得することで、就活に役立てることはできるのでしょうか。もちろん、外資系企業に就職する場合でもなければ、それが直接採用に繋がるわけではありません。あくまでも参考材料の1つとして判断されるので、極端に有利になるというわけではありません。ただ、今の時代はどの企業も、外国語ができる人はかなり重宝していますし、英語やそれ以外の語学の資格を取得していれば、間違いなく大きなアピール材料にはなるでしょう。少なくとも、就活で得をすることはあっても損をすることは絶対にないので、可能な範囲で取得にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

日本における語学の勉強

日本では、英語や中国語、スペイン語、ハングル語など、さまざまな言語の語学検定試験があります。しかし、これらの試験から得られる資格は、法律に基づき実施されるもの、公的な団体や日本商工会議所等が実施する公的なもの、TOEICに代表される民間の検定試験と、大きく3種類に分類することが可能です。検定試験は、試験の結果を数値化し、その人の持つ語学能力を明示するだけでなく、その結果を社会的に認知された「資格」という概念で証明する上からも意味があるものです。また、各種の検定試験は、その言語を学ぶ人たちの学習意欲を増進させ、言語能力の向上や、より効果的・効率的な学習方法を自らが考える上でも大切な役割を果たします。

↑PAGE TOP